【キンプリ】ファンの呼び名をティアラと命名!由来など解説!

tiara

ジャニーズでは、各グループごとにファンの総称があることをご存知だったでしょうか。

例えば、嵐なら「アラシック」、関ジャニ∞なら「エイター]などと呼ばれており、King & Princeの場合は「ティアラ」と呼ばれています。

 

ここでは、ティアラの由来や年齢層などについてまとめました。

ジャニヤードではキンプリ好きの現役ジャニヲタ査定士がグッズの買取をしています!

 

・知る人ぞ知るレアなグッズから
・値段がつくかわからないようなグッズまで

 

どんな商品でもまとめて送るだけで無料査定を行います!

 

▼気になる方はこちらをチェック▼

▶キンプリグッズを査定してもらう◀

キンプリが命名したティアラとは?

ティアラの名付け親や由来についてご紹介していきます!

 

ティアラは誰がつけたの?

ティアラの名付け親はメンバーの岩橋玄樹くんです。

ファンにこんなかわいらしい名前を考えてくれるなんて岩橋くんらしいですね!

 

ティアラの由来は?

2018年5月26日に行われたデビューイベントの際、岩橋くんがキンプリのロゴマークを指しながら、

「&の上に王冠あるじゃないですか。違う言い方をすると“ティアラ”なので。5月26日はティアラの誕生日です、おめでとうございます」

 

と理由を説明してくれたそうです。

ここで気になるのが男性のファンの総称、、、。

 

男性でもティアラなの?という疑問も上がりましたが、岩橋くんが男性のファンの方は『オスティアラ』と命名してくれました!

 

ティアラをモチーフしたグッズも!

キンプリブレスレット
「King&Prince First concert Tour 2018」ではティアラをモチーフとした「チャーム付きブレスレット」が販売されていました。

 

いつかグッズでティアラが販売されるのでは、、と予想されていましたが、頭につけてしまうとコンサートの際後ろの人の邪魔になってしまうという心配の声もみられました。

 

しかし、ブレスレットなら気にせずつけてコンサートに参戦することができます!ファンの気持ちをよく考えてつくられたグッズですね。

▶キンプリの高価買取グッズはこちら◀

 

ティアラの年齢層は?

「ティアラ」というかわいい名前からキンプリは10代のファンばかりなのでは、、と思われがちかもしれませんが、意外に20代以降のファンも多いようです。

 

平野紫耀くんが主演していたドラマ「花のち晴れ」をきっかけにキンプリに興味を持った人多いのかもしれませんね。

 

コンサートでは社会人が参加しにくい平日は10代が多いようですが、土日祝日は20代をはじめ30~40代と幅広い年齢層のファンがきているようです!

 

まとめ

King&Princeのファンの名称『ティアラ』の名付け親や由来、年齢層などご紹介しました。

 

デビューから1年、ますます注目を集めているキンプリ。これからさらにティアラが増えていきそうです!

 

また、キンプリのグッズは高値で取引されることも多いです。

もし不要なグッズがあったら査定を申し込んでみてはいかがでしょうか?

 

!キンプリグッズは高価買取中!

▼無料査定はこちらから▼

他にもよく読まれている記事