値段がつきにくいグッズ:雑誌

雑誌は買取対象ではありますが、あまりジャニヤードではオススメしておりません。
それは「価値が低い」うえに「配送中に他のグッズが破損するリスクが大きい」からです。
 
どんな雑誌なら、お値段がつく可能性があるのかをご紹介します。
4つの特徴にすべてあてはまればお値段がつく可能性があります。逆に1つでもあてはまらないものがあればお送りいだだくこと自体を推奨できません。

CHECK 1:専門誌または特別号である

雑誌 専門誌

<専門誌>
anan
+act.
Dance SQUARE
D;J+.
ファッション雑誌
映画雑誌
など
<特別号>
ザテレビジョンCOLORS
月刊ザテレビジョン(地域版)
など
※お値段ほぼつきません※
Myojo
POTATO
WINK UP
duet
ポポロ
週刊テレビジョン
など

(※一例です)
一番お送りいただくことの多いアイドル誌週刊のテレビ情報誌は、お値段がつかないことが多いうえに、CDケースなどの破損の要因となりやすいため、お送りいただかないことをオススメします。

CHECK 2:表紙または連載コーナーがある

基本的には表紙に写っていないとお値段がつけられないと思ってください。
ただし、連載コーナー等を持っていて、シリーズが揃っている(または切り抜きをファイリングしてある)場合などは表紙でなくてもお値段がつく場合があります。
雑誌 切り抜き(例)連載 It (一途)第1回~第81回 切り抜きセット

CHECK 3:付属品がすべてそろっている

付属品がすべてそろっていることが前提です。
・切り抜かれ穴が空いた(ページが不足した)雑誌
・ピンナップやポスターが取られている雑誌
・シールが使用済みの雑誌
などはお値段がつかないと思ってください。
雑誌 買取不可

CHECK 4:折れ・汚れがない

「表紙がジャニーズの専門誌で付属品がそろっている」とは言え、端が折れていたり汚れがあったり、全体的に使用感があったりするとお値段がつけられないこともございます。
これは雑誌に限らずジャニーズグッズ全般に言えることですが、あくまで再販売できる状態かはとても重要ですので、あらかじめご了承ください。
 

雑誌の取り扱いについて

お持ちの雑誌は該当していたでしょうか?
ここからは、少し雑誌の取り扱いについてご紹介します。合わせてこちらもぜひご確認ください。

▽雑誌は「公式グッズ」?
ジャニヤードでは、雑誌は「ジャニーズ関連グッズ」という分類で扱っています。ジャニーズ事務所の公認ではありますが、ジャニーズ事務所から発売されているわけではないため「公式グッズ」と呼んでいません。
買取はさせていただいておりますが、あまり高額になるような分類ではありません。
▽雑誌を送るのは危険?!
雑誌は重たくかさばります。CDケースなど割れ物と一緒の箱に入れると、配送中に雑誌が横にスライドしてしまい、他のグッズが破損してしまうケースがよくあります。
お値段が付かない雑誌が、お値段の付く公式グッズの価値を下げてしまうリスクがあるということです。そのためあまり買取が期待できない雑誌は、そもそもお送りいただかない方が安全かもしれません。
▽雑誌の再販売での需要は?
雑誌は全国各地の書店やコンビニで誰でも購入することができますので、希少価値が低いグッズと言えます。確かに「買い逃してしまった」「ファンになる前の雑誌も読みたい」など需要はありますが、決して公式グッズほど多くはありません。
そのため買取対象ではあるものの、お値段をお付けできるのは本当にごく一部のみとなります。

 
大切なグッズを配送中の事故で傷つけてしまわないよう、雑誌の買取を依頼するかどうか、今一度ぜひご検討ください。

他にもよく読まれている記事